天然葉酸と合成葉酸の違いとそれぞれの特徴

葉酸は、妊活を頑張っていらっしゃる方や妊娠された方ならよくご存知かと思いますが、
胎児の細胞が盛んに発達する妊娠初期の時期、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するために大切な役割を担っています。
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、主に緑黄色野菜に多く含まれています。
食べ物から摂取するだけでは不足しやすく、特に妊娠した女性にはサプリメントで補うことが推奨されています。
葉酸には天然と合成があります。
その特徴は、天然葉酸は自然のものより抽出されたもので、味に癖が残りやすく、合成のものと比べると大きいです。
合成葉酸とは人工的に、いつでも安く飲みやすい味や大きさなどを改良し、1年を通して安定して作られていると言うことです。
その違いを見極めるには成分表をご覧になれば分かります。
成分表には天然葉酸の場合には、「レモン」など、植物名が書かれています。
合成葉酸の場合には、「ビタミンC」など、栄養素で書かれています。
天然のものを勧める解説をよく見ますが、国が推奨して進めている葉酸は実は合成の方です。
葉酸は水溶性の為、天然葉酸よりも合成葉酸の方が吸収率が高い為です。
せっかく高いサプリを購入して毎日飲んでも、吸収率が悪ければ意味がありません。
よく見極めて自分にあったものを選びましょう。

おすすめの妊活サプリ

40代女性の出産のリスクや生活の中での注意点

40代女性の出産のリスクは非常に高いです。女性が出産する場合、理想は20代~30歳にかけてで、35歳を過ぎると高齢出産になります。40歳を過ぎると妊娠の確率はどんどん下がっていきます。40歳を過ぎると卵子の老化が著しく加速するので、妊娠しにくい体になります。40代女性の出産のリスクで考えられるのは、流産です。40歳で妊娠すると流産する確率が高くなります。これは卵子の老化が関係していて、染色体異常があることで引き起こされます。色体異常の原因は、卵子の老化が関係しています。40歳を過ぎると、健康な卵子が排卵される確率が低くなるので、どうしても流産するリスクが高くなります。また、ダウン症のリスクもあります。高齢出産になるとダウン症の確率が上がります。20代ではダウン症の発症率が0.1%であるのに対し、40歳以上になると1.0%の確率でダウン症になります。40代女性の出産で、生活の中で気をつけることは、とにかく、健康なカラダづくりに努めることです。日々の生活をしっかり見直し、規則正しい生活をすることが大事です。栄養バランスのとれた食事を摂り、喫煙やお酒は控え、軽い運動を習慣にしましょう。

kodakaraサプリ