多汗症の主な原因について解説します。 

多量に汗をかく多汗症ですが、どうして多汗症になるのでしょうか?まず一つは精神的な要因によって起こると言われています。もともと人は緊張やストレス、不安といったものを感じると、交感神経が優位になってきます。この交感神経が優位になることで、汗腺の働きが活発化するということが起こります。多汗症の方はこの働きが特に過敏になっていて、多量の汗をかきやすいという状況になってしまいます。もちろん、この精神的な要因以外にも原因はあります。例えばバセドー病や糖尿病など、他の疾患が原因であるというケースがあります。代謝異常や内分泌以上などによって、多汗症になってしまうことがあります。この他の疾患が原因になる多汗症の場合には、全身性多汗症といって、身体の局所だけ汗をかくというよりは全身からの発汗が多いケースが多くなります。多汗症は交感神経が優位になることで起こりますが、実はこの交感神経はホルモンバランスが崩れることによってもバランスを崩してしまう事があります。更年期などに多量に汗をかくことがあるというのが、まさにこのホルモンバランスの崩れによるものです。

手汗の原因