浮腫みが起こる原因は腎臓と心臓に問題がある?

顔が腫れぼったく感じたり、いつも履いているブーツが小さく感じたりする浮腫みは、体内の水分が溜まった状態で起こる症候です。細胞と細胞の間に水分が異常に溜まった状態で、血圧が上昇した場合や血管の中の蛋白質の濃度が低下した場合に生じ、血管の中に水分を留める浸透圧のバランスが崩れると、外に水分がにじみ出て細胞間に溜まることになります。症状を引き起こす原因は、浸透圧のバランスや血液循環に関わる問題が多く、うっ血による血液の停滞や心臓に関連する心疾患、アルブミンなどの蛋白質を喪失する肝疾患や腎疾患が考えられます。特に蛋白質が尿によって大量に漏れるネフローゼ症候群や、蛋白質の生産が低下する肝硬変は、浸透圧のバランスが崩れやすく水が溜まりやすい状態となります。よくある足の浮腫みは一晩寝れば治ることがほとんどですが、寝てもなかなか治らない場合は、病気による可能性も考える必要があります。心臓病や腎臓病などが起こると、重力にしたがって足先から全身に浮腫が上がってきます。浮腫みが治らず気になる人は、尿の泡立ちや肺に圧迫感があり咳き込みやすいといった、その他の症状がないか確認してみると良いです。もしも様子がおかしいと感じた場合は、すぐに医師に相談して診察を受けるようにしましょう。

血圧対策に有効なトマト酢